2019/7/1

枸杞炒牛肉

ゴウ・チ・ツォ・ニウ・ロウ

エアコンによる冷えや暑さ疲れの方に

ニラには強壮、強精のほか、血液の循環をよくする効果もあります。クコシはドライフルーツや薬膳の食材として有名ですが、同じく疲労や精力減退の防止にも。たっぷり栄養をとって、夏の暑さによる食欲不振などの不調、エアコンによる冷房病を乗り切りましょう!

【材料(4人分)】

牛薄切り肉 400g
ニラ(韮菜) 1束
クコシ(枸杞子) 10~20g
サラダ油 大さじ3
みそ 大さじ3
砂糖 小さじ2
みりん 少々
少々
トウガラシ(蕃椒) 少々
適量

【作り方】
1.牛肉はなるべく脂身の少ないものを用意して、細切りにする。ニラはよく洗って、4cmほどの長さに切る。クコシは日本酒か老酒に浸けて戻す。
2.鍋にみそを入れて、同量ぐらいの水を加えて弱火にかけ、よく溶かす。みりん、砂糖、塩、トウガラシの順に加えて混ぜる。
3.フライパンか中華鍋をよく熱してからサラダ油をひく。
4.牛肉をほぐすようにして炒め、火が通って色が変わってきたら、ニラを加えて手早く炒める。
5.クコシを浸けておいた酒といっしょに混ぜる。
6.2.のみそだれを加えてよく混ぜ合わせて火を止める。焦げ付かせないように注意する。

お好みでネギ、ニンニク、ショウガなどを加えるといっそう風味がよくなります。



素材の解説

クコシ(枸杞子)

ナス科の植物クコまたはナガバクコの果実
(薬味=甘 薬性=平)
強壮・強精・抗脂肪肝・コリン様作用などがある。
疲労・体質虚弱・貧血・肝疾患・腰痛・下肢痛・めまい・つかれ目などに用いる。

ニラ(韮菜)

ユリ科の植物ニラの葉
(薬味=辛、薬性=温)
強壮・強精・止血・止瀉・抗菌・血管拡張作用などがある。
疲労・体質虚弱・鼻出血・下痢・冷え性などに用いる。

バンショウ(蕃椒)

ナス科の植物トウガラシの果実
(薬味=辛、薬性=熱)
強壮・健胃・抗菌・血管拡張・皮膚刺激作用などがある。
食欲不振・消化不良・外用で関節炎などの痛みに用いる。

ホームへ先頭へ前へ戻る